パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPE カラトラバ 5196J-001 モダンサイズはどんな感じで評価されているのでしょうか。格好いい男性が持つ時計、それはPatek Philippe Calatrava Ref 5196J-001です。

Patek Philippe Calatrava Ref 5196J-001の評価

Patek Philippe Calatrava Ref 5196J-001は、ケース径37 mm、3796よりも約30mm程度上回り、このリリース時には、正直それほど評価しなかった人たちもいました。 約30mmの拘りは結構あり、いまだパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPE3796が愛される証拠ともいうことができます。 デカい厚型時計全盛ということで、パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEが時代の波に媚びて形を安易に変えてしまうこと自体許せないという声が聞こえて来ました。パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEレベルの時計は、古典への拘り意識も相当大きいみたいですね。 パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEレベルでは、「こう変えました」、「はいわかりました」という応答には簡単にならないのです。 これが、パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEという時計の凄さともいうことができるのではないでしょうか。

クラシカルなパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPE

カラトラバは、最後まで、袖口におさまるサイズであって欲しいという願いの声は未だに聞こえて来ます。

しかしリリースされてしまった

しかし、Patek Philippe Calatrava Ref 5196J-001はリリースされました。それをいつまでもグダグダ言っても男性らしくないとも言いたいのです。 時代はどうあれ少なからず進化するものであり、パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEもです。パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEが進化したのなら進化を評価するべきではないでしょうか。それが、パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEのあるがままの姿なのですから。 そして、既に時間が流れ……。 実は、現在Patek Philippe Calatrava Ref 5196J-001が本物のパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEだと評価している人たちがとても多いんです。 要は、パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEに起きた変化も、時間が解決し緩和されたということです。そして、Patek Philippe Calatrava Ref 5196J-001に今後、変化がおきたらまた、パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEは、Patek Philippe Calatrava Ref 5196J-001でなければならないなんて声も起きて来るのでしょう。